公開

鏡開きのお汁粉

鏡開きのお汁粉

鏡開きでした。
うちは鏡餅は大体お汁粉にするのですが、今年はねねにゃんが「きな粉餅!」と主張し、ちゃちゃも「きな粉餅のが好き」と言ったので、母が両方用意してくれました。
お正月の間、歳神様がおわした鏡餅には、その魂が宿っているとされ、それを食べて力を授けていただくということらしい。
鏡餅は開いて食べて完了です。

私はお汁粉が大好きなので、おかわりしてたらふくいただきました✨

 

鏡開き – かがみびらき
「開き」は「割り」の忌み詞で、元々は武家の行事だったので「刃物で切る」ことを忌み、槌などで砕いて割って汁物にしていただく。近年は、武道などの寒稽古の後にお汁粉にしていただくことが多い。
元々は歳神様への供物であるお餅を下ろして食べるのがお正月の終わりを意味していましたが、「開く」という言葉が転じてか仕事始めの意味に解されるようになり、現行の1月11日も商家の仕事始めである「蔵開き」と一致します。
スーパーねねにゃん コミック1巻2巻 AYANEオンラインショップで発売中
Everyday is a happy day メモリアル フォトフレーム ご購入はこちら
出産祝いに最適 オオタニヨシミ デザイン 名前入り へその緒ケース ・ うぶ毛ケース ・ 乳歯ケース はこちら

”スーパーねねにゃん” 電子書籍もあります。
Amazon Kindle 他、大手Web書店でどうぞ✨

"スーパーねねにゃん" ¥0- の読み放題!は Amazon Kindle Unlimited  でどうぞ✨

スーパーねねにゃん のご感想を募集してます🌟彩音インターナショナル株式会社まで是非お寄せください。